お役立ち情報

歯科用語解説集

  • ア行
  • カ行
  • サ行
  • タ行
  • ナ行
  • ハ行
  • マ行
  • ヤ行
  • ラ行
  • ワ行

唾液緩衝能(だえきかんしょうのう)

唾液には口腔内のpHを一定に保つ作用があります。これにより口腔内に多少の酸・アルカリが入った場合でも比較的早期にもとのpHに戻ります。

打診痛(だしんつう)

歯を叩いて感じるときの痛み。咬合痛の他覚症状で、原因は咬合痛と同じです。

脱灰(だっかい)

歯や骨などの硬組織および様々な石灰化物から無機質(カルシウムやリン)が溶け出し、消失すること。脱灰は一般に酸によって引き起こされます。

エナメル質ではpH5.5以下で脱灰が起こり、幼若なエナメル質や象牙質ではそれより高いpHでも脱灰が起こります。

脱灰凍結乾燥骨(だっかいとうけつかんそうこつ)

遺体から採取した骨組織を処理した骨補填材で、米国では一般に使用されているが日本では未認可です。

知覚過敏(ちかくかびん)

虫歯ではないのに冷たいものがしみたり、歯磨き時に痛みを感じる状態。
歯ぎしり、間違ったブラッシング、歯周病,酸蝕症などが原因で発症します。

追補(ついほ)

使用中の義歯に、新たに抜けた歯の部分に、人工歯を追加修理すること

電気的歯髄診断(でんきてきしずいしんだん-EPT)

歯髄の生死を診断する検査方法の1つ。歯に電流を流し歯髄が生きていると痛みを感じます。応答がまったくないと歯髄は死んでいると診断されます。

天然歯(てんねんし)

人工の歯に対して、自然に生えている歯のこと。

トウース ウェア(tooth wear)

むし歯や外傷以外の原因による歯の実質欠損(実質欠損とは歯が溶けたり、欠けたりしてその一部分がなくなることで、欠損の歯が抜け落ちることとは区別されます)

  1. 酸蝕 (erosion)

    →酸による歯の化学的溶解

  2. 咬耗 (attrition)

    →歯と歯の接触によるかみ合わせ部分の機械的な摩耗

  3. 摩耗 (abrasion)

    →歯の接触以外の機械的作用(歯ブラシや歯間ブラシなど)による歯の摩耗

  4. アブフラクション (abfraction)

    →バイオメカニカルな荷重(歯ぎしりやくいしばりによる)による歯質の喪失

コラム 2007年8月号

動揺歯(どうようし)

歯周病や外傷によりグラグラになった歯。

トレー

印象材をその上に盛って印象材を保持する器具

既成のものと、研究用模型の上で作製したその患者さん専用の個人トレーとよばれるものがあります。
材質は、金属、レジンなどです。

  • お役立ち情報一覧
  • 歯科用語解説集
  • 院長・スタッフのコラム
  • 酸蝕症
  • 歯周病9つのギモン
  • 歯磨きの達人