院長・スタッフのコラム

2023年2月号

「歯科 ウソ&ホント」シリーズ その141

Q:お口も老化をするということだけど、予防はできるの?
A:○ 色々なお口のトレーニングが考案されています。ご自分のお口の老化に気付かれた方は是非トレーニングに取り組んでいただければと思います。

昨年6月号当コラムでお伝えしましたが、年齢とともに全身的な身体機能が老化していくのと同じように、お口の機能も老化していきます。噛む、飲み込む、話すといったお口の機能もからだの筋肉と同じように加齢とともに衰えていきます。特に最近はご高齢の患者さんを診る機会が増え、処置中にむせる方を多く見かけます。手足の大きな筋肉は、筋肉トレーニング(筋トレ、ウエイトトレーニング)をすれば鍛えられるのはわかりますが、お口の周りの小さな筋肉を鍛えるというのは少し理解しにくいかもしれませんが、鍛えることは可能です。前回ご紹介しましたように色々なトレーニング法が考案されていますが、今回はまた別の方法をお知らせします。

  • 1.唾液腺マッサージ
    加齢や各種の内服薬の副作用により唾液の分泌量が減少します。それにより食物を飲み込みにくくなったり、義歯が吸着しにくくなったり、口臭が強くなったりします。唾液腺マッサージは強制的に唾液を出す方法です。酸っぱいものを思いうかべながら行うと唾液が出やすくなります。とくに食事の前に行うと食事がしやすくなるので、毎食前に行うのがいいでしょう。

    ①耳下腺(じかせん)
    両耳の下より少し前を人差し指、中指、薬指で押さえながら回します。ゆっくりやさしく10回ほど繰り返します。

    ②舌下(ぜっか)腺(せん)
    両親指を立てて、オトガイの裏の顎の下を上へ押さえます。やさしく10回ほど繰り返します。

    ③顎下(がっか)腺(せん)
    両親指を立てて、顎のエラの内側にはめるようにあて、後ろから前へ10回ほど動かします。
  • 2.ベロ回し
    ①口をぎゅっと閉じ、舌を歯と唇の間に入れます。

    ②歯の表側に沿わせて、上唇→右頬→下唇→左頬を中から外へ押すように一方向にゆっくり大きく10回まわします。

    ③次に反対方向にもゆっくり大きく10回まわします。 一日3セットを目安に行います。

    このトレーニングは、舌根の筋肉が鍛えられ食べ物をのどに送り込む力が強くなります。また口まわりの筋肉も引き締まり、ほうれい線が改善されます。

一人暮らしで一日誰ともしゃべらない方などは、強制的に口やのどの周りを動かす前回、今回のようなトレーニングをして筋肉を鍛える必要があると思います。

昨年3月号の記事を読んで、ご自分のお口の老化に気付かれた方は是非種々のトレーニングに取り組んでいただければと思います

次回のQは・・・・
「家族に歯ぎしりをしていると言われました。痛いところもないし問題ないですよね?」です。

院長

2023年1月号

「歯科 ウソ&ホント」シリーズ その140

Q:知覚過敏の治療、直ぐに症状がおさまらない。どうして治療に時間がかかるの?
A:知覚過敏の治療は「受診してその日のうちに治る」ケースばかりではありません。
知覚過敏の原因は多岐にわたるので、原因を突き止めそれに合った治療をするには時間がかかる場合もあります。

知覚過敏とは以下のような状態をいいます。本来歯の表面は神経(歯髄)と直接繋がっていない
エナメル質で覆われているので痛みは感じませんが、その下にある象牙質には歯髄の神経と間接的に繋がっている構造になっているので、温度変化や機械的な刺激で痛みを感じます。
色々な原因で象牙質が露出すると知覚過敏を起こすようになります。
知覚過敏になりやすい人には、以下の傾向があります。

  • ・強い力でゴシゴシ磨く習慣がある。
    →強く磨きすぎると歯ぐきが傷つき下がり、歯根が露出します。歯根はエナメル質より柔らかいので削れてしまいます。
  • ・就寝中に歯ぎしりや食いしばりをする癖がある。
    →上下の歯がこすれエナメル質がすり減り象牙質が露出したり、ヒビ割れの原因になります。
  • ・酸性度の高い飲食物を頻繁に口にしている。
    →飲食物の酸がエナメル質を溶かし、さらに進むと象牙質が露出します。
  • ・逆流性食道炎や過食症で嘔吐の癖がある。
    →胃酸が歯を溶かしてしまいます。
  • ・歯周病になった、または歯周病の治療をしたあと歯茎がしまった。
    →歯周病で歯槽骨がやせている場合、そのぶん歯茎が下がり、歯根が露出します。

このように色々な原因があるので、根本的に治療をしようとすると時間がかかるのです。
最近はTVCMでも「知覚過敏」という単語をよく耳にするようになりました。30~40年前はそれほどポピュラーではありませんでした。上記の原因の中で歯ぎしりや食いしばりはストレスが原因といわれますので、ストレス社会になったため知覚過敏が増えてきたのではないかというのはうなづけます。また日本人は昔より確実に歯をよく磨くようになっているので、間違った磨き方を続けてしまうと知覚過敏が起きてしまうのです。

治療はまず刺激に対する歯髄(神経)の反応を抑える薬剤を、象牙質が露出している場所に数回塗布します。様子を診て症状が改善しないなら、コーティング剤を塗布して、露出した象牙質を封鎖します。それでも症状が緩和されない場合は、歯根を歯茎で覆う歯周外科手術や強く噛んでいる歯の噛み合わせを調整する、また、神経を抜く「抜髄」もありますが、歯の寿命を損ないますのでどうしても治らないときの最終手段として行います。

また歯磨きの習慣や食生活は意識すれば改善が可能です。歯ぎしりや食いしばりの癖があるかどうかは歯科で診てもらうことでわかります。必要に応じてナイトガードを使用していただくと、就寝中の歯へのダメージが軽減されます。日常的に手軽に取り入れやすい事として、知覚過敏を抑える成分(高濃度フッ素と硝酸カリウム)の入っている歯磨き剤の使用もお勧めです。

しかしながら、一旦知覚過敏が収まっていても悪習慣がもどると、また再発することはよくあります。

次回のQは・・・・
「お口も老化するということだけど、予防はできるの?」です。

歯科衛生士 西迫 典子

  • お役立ち情報一覧
  • 歯科用語解説集
  • 院長・スタッフのコラム
  • 酸蝕症
  • 歯周病9つのギモン
  • 歯磨きの達人